ファイティングロードCo.,Ltd.(FIGHTINGROADCo.,Ltd.)レーサースピンバイクfr

ファイティングロードCo.,Ltd.(FIGHTINGROADCo.,Ltd.)レーサースピンバイクfrすぴんばいく

ファイティングロードCo.,Ltd.(FIGHTINGROADCo.,Ltd.)レーサースピンバイクfr

本体サイズ(cm):W65×D105×H96~107コンピューター機能付き(※運動時間/スピード/走行距離/消費カロリー/回転数を表示。)重量:45kg耐荷重:100kg›もっと見る

高性能で使いやすい本格ブレーキパッド式スピンバイク。ジムやフィットネスクラブのバイクと同等の機能を、自宅で手軽に使えるように設計された本格パーソナルバイク。有酸素運動をゆっくり5分以上続けることで新陳代謝を促進し、脂肪を燃焼させます。また有酸素運動をハードに行うことで脂肪燃焼だけでなく持久力アップや循環器系の強化も期待できます。1日数分、週3回の運動で体をシェイプアップ。さらに筋肉の活性化・増強を目的とした本格トレーニングまで幅広く活用できます。・ハンドルの高さ調節ができます。・サドルの前後位置や高さ調節ができます。・収納時の移動をラクにするキャスター付き。【スペック】負荷調節:ダイヤル式負荷方式:パット式重量:45kg耐荷重:100kg【主な運動種目】有酸素運動【ご注意事項】付属の工具は最低限の強度となっておりますので、市販の工具を使われる事を推奨します。

ファイティングロードCo.,Ltd.(FIGHTINGROADCo.,Ltd.)レーサースピンバイクfr口コミ評価

以前に販売元直販で買い、7年使用したのち(ハードに使用したのは5年間くらい)自分での修繕もきかなくなり、2台目もこれにしました。現在、優れたスピンバイクはいろいろあるんですが、仕様、使用実績を考慮しました。同じものの再購入ですので、以前からの使用感も含めて評価してみます。評価ポイントは以下の通り。0.結論から重くて頑丈で、音は少々うるさいマシン。ロードバイクのトレ用などで、自室でハードに使いたい人には向く。居間で使うとか、出したり片付けたりとか、ママチャリ的な乗り心地とか、ともかく手軽に使いたい人には全く不向き。1.負荷が摩擦方式マグネットタイプ等ですと、使用時間制限がありますし、負荷も上限が低いものが多い。ロード的なロングランとか、HIITなどでも使用したいので、摩擦式のスピンバイクを選択。2.チェーンこのマシンはちょっと珍しくなった、自転車と同じくチェーン方式。ベルト方式のほうが音・振動が少ないわけで、TV観ながらのながら運動とか、家族に迷惑をかけないという条件があるならベルトのを選んだほうがいい。しかし、踏み込んだらしっかり反発が来るような、自転車に近い感覚が欲しいなら、このマシンのようなチェーン方式のほうが向く。音楽聞きながらといったことならヘッドフォンを使用すればいい。3.サドル細いし、確かに硬い。体をあまり傾けず、軽く長時間こぎたいなら辛いのは事実。なので、運動不足解消とか、ダイエット目的の30分こぎなどが目的ならこのサドルでないほうがいい。このマシンを選んだとしても、サドルカバー使うか、サドル交換したほうがいい。しかし、ロードバイクをしっかりこぐにはサドルが堅いほうがいい。ツーリング用、ロードレーサー、トラックレーサーと細くなる。これ、激しくこぐほど内またの擦れとか、踏み込みのスムーズさのためにサドルは細くないといけない。同時に硬くもないと踏み込む力のロスにもつながる。前傾姿勢が深くなるので尻より腕に力がかかるようになるのも、サドルが細くて硬くても構わない理由の一つ。いずれにせよ、使用目的に応じてサドルは選んだらいいと思う。このマシン付属のは、ロード的に使うにはちょうどいいサイズと硬さだと思う。4.ハンドルできればドロップハンドル欲しかった。腕で引いて背筋から足へ力を伝えるくらい踏み込んでみたかったから。ただ、そういう使い方ができるほど負荷を上げると、摩擦部分(サイドプルブレーキのような形状)が持たないかもしれない。先が斜めになる部分までは、ハンドル形状は床と水平で、角度は変えられない。このまま使うにしても、ハンドルはサドルより下げてセッティングしたほうがいいと思う。そうしないと、ハンドルをしっかりつかんだとき、手首が変に捻じれる感じになり、長時間やってると手首を故障しそうになる。5.マシン重量購入を検討した中では最も重い(45kg)。キャスターはあるが、そうそう簡単に動かしたり、取りまわしたりできるものではない。使わないときは片付けておきたい場合は、このマシンは向いてない。その一方、かなり速く激しくこいでも安定性はある。HIITでも思い切りやれる。6.適した使用目的独居か音が漏れにくい自室があり、負荷高め、長時間の使用をしたい人には向いていると思う。そういう。逆に、その環境と使用目的ではない人には勧めない。自分の使用目的からすると星5つなんだけれど、人様へのお勧め度となると、人それぞれなので1つ減らして評価しておきます。(参考)7.経験したトラブル販売元:なし(問い合わせ等はスムーズだった)サイクルコンピュータ:割とすぐ故障する(自分は使わない、摩擦式では速度、カロリーとかどうせ不正確)。摩擦を調整するダイアル:取り付け部分があまり頑丈でなく、3年目くらいで壊れてくる。テープ等で修繕・固定して使っていた。異常振動:少し使い込んだ時点で、ある郷土以上にすると発生した。摩擦部分かと思ったら、マシン全体が共鳴していた。共鳴ゆえ、摩擦ブレーキへのワイヤーにタッチすると止まるのが分かったので、タオルを巻いて対策できた。不定期の異音:こぎ始めたとき、カランカランという異音がすることがある。いったんこぐのを止め、再びこぎ出すと音が止まる。水筒:乗り降りで蹴飛ばすことがあるし、汗が落ちてホルダーがさびても来て、使用5年目でホルダーが取れてしまった。固定バイクなので、そもそも要らない。(ハンドル、ペダル、チェーン、ギアといった中枢部分はメンテなしで7年間使えた。摩擦用シューは消耗品だと思うが、ハードに使っても数年は持つようだ。減ってきたら何か噛ませておけば充分使える。)

使い始めてすぐにチェーンが外れた。初期不良の返品には自分で箱を用意する必要があったが、すでに処分しており返品できない。メーカーに箱を送ってくれと言っても、遅れないとの一点張り。メールの返信も、長いと1週間もかかった。Amazonで保証してくれたので、無事に返金されました。また、後日、時間はかかりましたが箱を用意できたので返品できました。

本体自体はいいのですが、サドルが問題ですね。硬いのはレビューで分かっていたので軟らかいのを被せていますが、通学に使うようなサドルとぜんぜん違うので固定が上手くできず、グラグラします。こいでいる最中にお尻がフラフラするのでもうストレスマッハです。普通の自転車みたいなもっと簡単に固定できる方が良いのでは?と、自宅用なのですから、その辺りの配慮がもうちょっと欲しかったですね。走りながら飲み物飲まないので、個人的にはサドル以外は概ね満点です。

購入して一年ほど使用してます。ほぼ毎日ケイデンス100~110で40分回してますが、健在です(笑)音が結構する(ゴウンゴウンみたいな)ので、夜の使用は控えてます。

ファイティングロードCo.,Ltd.(FIGHTINGROADCo.,Ltd.)レーサースピンバイクfrはこちら

タイトルとURLをコピーしました